対局規定

①持ち時間

・非レート戦の10分30秒とする。

・対局中に持ち時間が切れた場合には負けとする。

②接続切れ

・自動宣言がされるまではそのまま待機(300秒)。

・自動宣言がされた場合はその勝敗をもって対局結果とする。

③反則

81dojo内では二歩や王手放置といった反則手を指すことができるが、これらの行為を行った場合は負けとする。

④千日手

・千日手が成立した時点で対局場から離れず、一度中継に戻る。

・配信者の指示に従い持ち時間を0分30秒とし、先後を入れ替えて対局する。

・同一カードにて2連続の千日手が発生した場合には抽選によりトーナメント勝者を決定する。(抽選は配信者に一任する。)

・配信者の指示に従い、再度対局場を作成し、そこで先手を引いた者を勝者とする。

※番勝負内での2連続千日手は引分扱いとし、3局終了時点で勝ち星が並んだ場合には同日に4局目に突入いた  します。(千日手は決着がつくまで指し直し)

⑤入玉

81dojoは27点宣言法を採用している。たとえ相入玉となっていなくとも、どちらかが宣言法の条件を満たした場合、宣言勝ちを認める。

⑥ソフト指し

行ってはいけないが、判別不能のため各人の良心にゆだねる。

⑦遅刻について

 大会形式上、前の対局が終わらない限り次の対局が始まらないため、対局者は自分の出番を把握しづらいため、開始時間から5分経過した場合失格とする。